• TOP
  • >
  • マウンド整備

マウンド整備(リフォーム)を実施しました。

錦江湾高校のピッチャーマウンドは、砂場のようで掘れやすく投げにくいという問題点がありました。そこで、来る3月18日にOB有志一同にてマウンド整備を実施致しました。
 
元々のマウンドは、ご覧のように砂場のようになっています。このマウンドがどのように変身を遂げるのでしょうか?
 

 
マウンドの規格は下記の通り。プレートは円の中心よりも45.7cm後ろにあります。

※マウンドの傾斜は、30.5cmにつき2.5cmとされています。1988年までは傾斜の規定はなく、マウンドの高さも38.1cmとされていました。
 
 
●9:00集合。吉永土木様から、前日に土が搬入されていました。
 
 
①まずはマウンドの円を書いていきます。

 
②中心に目印を刺します。

 
③元々あるマウンドの土(砂)を掘り起こしてどかします。

 
④プレートが出てきました。

 
⑤新しい土を入れ、トンボで均します。

 
⑥塩化カルシウムと水も混ぜながら、なじませていきます。

 
⑦盛土をしては叩いてを繰り返します。

 
⑧機械も使いながら土を固めていきます。この日は、機械のご機嫌があまり良くなく苦戦しました。

 
⑨ローラーも使いマウンドを固めていきます。(人力)

 
⑩マウンドの高さを測り、ロープで印をつけます。

 
2時間ほどが経過し、ここらで途中休憩。桜を見て癒やされます。
・・・・・・作業を再開し、合計4時間ほどが経過・・・・・・
 
 
そして、遂に 新マウンドが完成!
 
 
なんということでしょう。美しいマウンドが姿を表しました。
 

 
盛り塩も忘れずに、清めます。

 
横から見ると、こんな感じ。

 
ちょっと引きで見ると、美しい流線型が分かります。

 
傾斜も、いい感じです。

 
前のアングルから。

 
ホームベースから。

 
上から見下ろすとこんな感じ。

 
上野新監督のたっての願いで、始球式。バッターボックには金氣jr。始球式ですがガチで打ちにいっている?将来が楽しみです。

 
最後はみんなで記念撮影。

 
週明けから雨予報でしたので、シートを被せました。

 
ブロックで固定。

 
後輩投手陣の健闘を祈ります!